ENTRY 〉

インタビュー

Interview

しっかり働いてしっかり休養、
仕事もプライベートも
充実しています

MIKA HAMADA 2017年入社

研修制度も充実、
様々な案件に挑戦できる環境

大学では心理学を専攻していましたが、父がシステムエンジニアだったこともあり、就職先はIT業界に進もうと決めていました。その中でシステムリサーチのことは、働き方改革を推進している企業として就活時から注目していました。

入社後はほぼ未経験からのスタートでしたので苦労しましたが、同期の約半数がプログラミング経験のない文系出身者でしたので、皆が同じような悩みを抱えており、相談し合ったり教え合ったり、仲間に助けられ乗り切ることができました。

現場に配属されてからは、開発に携わりたい旨を上司に伝え、その意思を汲み取っていただき、現在は大手自動車メーカーのシステム開発・保守の案件にて、自社や協力会社の方と共に、仕様書作成・コーディング・テスト等の開発業務に携わっています。

休みをしっかり取れるから、
プライベートも充実

IT企業というと残業が多く仕事がきつい、忙しい…というイメージがあるかもしれません。ですが、今のチームでは日々のミーティング等でこまめにコミュニケーションを取っているため、有給取得の会話がしやすく、働く環境としてはとても良い職場だと実感しています。

残業がない日は、同期や友人とボルダリングスタジオに行ったり、先輩と職場の近くへ飲みに行ったり、家族で夕食を食べたりと自由な時間を満喫しています。夏期休暇として5日間の有給が取得必須となっているため、連休も取得しやすく、毎年旅行に出かけるなど、プライベートも充実しています。働くときは働き、休むときは休む…といったメリハリを持って仕事に取り組んでいます。

入社3年目で一通りの仕事も任され、
ステップアップを実感する日々

約2カ月半の研修を終え、先輩にサポートしてもらいながら、文系大学出身の自分でも3年目の今に至るまで一通りの業務に挑戦させてもらえました。出身学部や年齢、性別関係なく、自分の同期や先輩方が前線で活躍されている風通しの良い環境で、日々スキルアップのため勉強しています。

お客様と近い距離で、自分で考えながら働いていくことが好きな方には、とても良い環境だと思いますよ。

開発スキル・対人スキルを磨いて、
プロジェクトリーダーになりたい

これまでは一担当者として求められた仕事を上手くこなすことを目標にしてきましたが、仕事をこなすにつれてスキルが上がってきたため、求められる役割が少し変化しつつあると感じています。自分のことだけを必死にやるのではなく、お客様のために何が出来るかを考えて動く。そのために、良いチーム作りができるプロジェクトリーダーとなることが目標です。 プロジェクトリーダーには開発スキルはもちろん必要ですが、お客様・協力会社・チームメンバーなど仕事の上で関わる人も格段に増えるので、対人スキルが欠かせません。どちらも万遍なく磨いていきたいと考えています。

理想としては、各々仕事は集中して取り組む。一方でプライベートな時間もしっかり確保し、メンバー全員がメリハリをつけて仕事に臨むことで、手掛けるプロジェクトで良い成果を残すことができる。そんな循環が生まれるようなチーム作りを目指したいと思います。

Schedule

ある一日のスケジュール

9:30
社内、利用者からのメールに対して都度返信を行う。
10:00
プロジェクトの進捗・課題をチーム内で共有し、一日のスケジュールを確認する。
10:30
開発作業、報告資料の作成などを行う。
12:00
同期とランチに出かける。
13:00
プロジェクトの進捗・課題を上司へ報告する。
17:30
翌日のスケジュールを確認する。
Member

社員インタビュー

ワークライフバランス
CROSS TALK
プロジェクトリーダー
TERUHISA KADO 2008年入社
マネージャー
TETSUSHI NISHIMURA 2001年入社
プログラマー
CROSS TALK
プログラマー
CROSS TALK

システムリサーチは
あなたを待っています。

採用トップ 社員インタビュー 濵田 美香