社員を知る

担当している仕事は、小売企業のシステムの保守。お客様の様々な要望に対応して、システムを通じてお客様をサポートする仕事です。
入社して以後、失敗や大変だったことがないといえば嘘になりますが、今一番すごいことだなと感じているのは、毎日、楽しく仕事ができていることです。
とにかく社内の雰囲気が良いのです。同じプロジェクトのメンバー同士ではプライベートなことから何でもよく話をし、部署内では飲み会など交流も盛んです。現場では困ったことがあっても相談しやすく、仕事をする上での動きやすさも感じています。
学生の頃、仕事といえば厳しさと我慢の連続だとネガティブに考えていた自分が嘘のようです。

入社後初の仕事の際、指導いただいた上司から自分がその作業をすることでユーザーにどんな影響が出るのか、それを行う意味などを教えてもらいました。
自分のやることがユーザーの助けになっている。その意識と実感は、仕事をする上でのモチベーションアップに繋がります。実際にお客様から「ありがとう」という言葉をいただく時には、確かなやりがいを感じますね。
目指すところは、システムリサーチといえば池ヶ谷、と言われるような信頼と実績を積み上げること。今の仕事のプロジェクトリーダーが、まさにそういった人物です。目標にしたい上司に恵まれることも、働きやすい環境の大きな要因ではないでしょうか。

実はもともとパソコンは苦手。情報系の大学でしたので、とりあえずという感じでの入社でした。
ただ、新しい知識や技術を身に付けることが好きで、現在もその面白さにハマッて仕事を楽しんでいます。
今の仕事は、プログラムの修正をし、それをテストして出荷するまでの業務。まだほんの一部ですが、自分の修正した部分が世の中に出て、多くの人に使われることが嬉しいですね。
また、労働環境が苛酷なのではと心配していましたが、当社に限ってサービス残業は絶対にありません。上司も面倒見のいい方が多く、入社前とはいい意味でのギャップを感じています。

私自身、まだ入社して間もないので、これからIT業界を目指す方に向けて偉そうなことは言えません。ただ思うのは、一生懸命であること、まっすぐ素直な気持ちで取り組む人は成長が早いということ。その時その時を全力で楽しむことができれば、不得手はいつしか得手に変わることは実体験でもあります。
入社後、自分に身に付いた一番のものといえば“責任感”。
学生時代、重くて煩わしいイメージだった責任感は、今の私にとっては心地いいもの。その変化には自分自身、今も驚いている最中です。

当社の魅力はなんといっても独立系のソフトウェア企業だということ。メーカーに縛られず独自の技術力も蓄積しているため、大企業と一緒に仕事ができる機会にも恵まれます。私自身、現在はトヨタ系列の業務用システムに携わっています。
ただプログラムを作るだけではなく、ユーザーの要望の確認から設計、開発、実際の稼動まで、すべての工程をひと通り経験させてもらえるのも、業界では珍しいこと。ユーザーの喜ぶ顔が直で見られるため、仕事上の達成感もひとしおですね。

システム開発は伝言ゲームに似ているなと思うことがあります。
システムを作ること自体は、入社後の研修期間もあるため難しいものではありません。ただ、ユーザーから設計者、設計者からプログラマーへと要望を伝えてシステム開発するため、正確に伝える能力・理解力は求められます。
つまり、必要なスキルはコミュニケーション力のみ。周囲の人と普通に話ができれば、他の能力は後からついてきます。業績次第では、通常夏冬のみの賞与が春に出ることも。頑張りがきちんと形になれば、モチベーションも上がりますよね。

当社がなによりユニークなのは、ITやシステム開発の知識がほぼゼロで入社している社員がとても多いこと。私自身、入社当時はまったくのITシロウト。モノづくりに携わる仕事がしたくて、“作る”仕事のひとつにプログラマーがあったというだけの志望動機でした。
そんな私が今では、システム開発におけるプログラミングはもちろん、設計作業も行えるようになっています。
これは、ひとえに入社後3ヶ月間の研修制度のおかげ。まるで学校みたいに、同期と一緒に楽しみながら勉強するなかで、自分の可能性を発見していけた気がします。そして、1から丁寧に育ててもらえたからこそ、今、もっと頑張ろうって思えますね。

IT業界といえば、男性が多く、毎日とても忙しい仕事だというイメージがありませんか。私は入社前、そう思って覚悟していました。しかし、実際に当社で働き出してみると、女性のプログラマーやシステムエンジニアが多く、社内の雰囲気がとても明るいことに驚きました。
プライベートでは、東京や大阪まで好きなアーティストのライブを観に行くのが趣味なのですが、そんな自分の都合に合わせて有給休暇がとりやすい環境なのも意外な喜びでした。むしろ有給休暇の取得やノー残業デーは常に推奨され、社員のワークライフバランスがしっかり考えられています。オフを充実させて、オンに力を発揮する。そんな理想の社会人生活が実現できています。

私は現在、システム開発業務全般に従事しています。何よりの魅力は、案件の立ち上げから開発、テストを含めて一連の業務に携われること。
一般的に、設計は設計だけ、製造なら製造のみと、完全な分担作業になることが多い業界ですが、ひとつのシステムのあらゆる部分を網羅できる今の仕事は、まさにモノづくりの感覚。それだけに、求められる知識が多く、幅広い勉強が不可欠ですが、やりがいと達成感は間違いなくあります。
また、1人で黙々と作業するというよりは、チームを組んで仲間と一緒に作り上げていく感覚があるのも当社ならでは。想像以上に明るく、和気藹々とした職場に、きっと驚くはずです。

即戦力が求められがちなIT業界ですが、当社には“失敗しながらも成長できる”そんな余裕があると思います。新人研修制度などのカリキュラムがしっかりしているのはもちろん、先輩や同期のほとんどが、同じようにコツコツと力をつけてきた人たちばかり。各人の能力を長い目で見て、成長を期待してもらえる社内環境があります。
私自身、経済学科出身で、技術や知識はまったくゼロからのスタートでした。ただ、ひとつのものを突き詰めていくのが好きで、ハマるととことん追求する性格です。そのこだわりの強い部分を温かく見守ってもらえたからこそ、頑張り続けられる今があると感謝しています。

入社前までIT業界といえば「スペシャリスト集団」という高い壁のようなものを想像していました。
知識も何もないまま、ただモノづくりに興味があって、同業他社の就職試験も受けましたが、当社の面接時にはいい意味での柔らかい雰囲気がありました。実際、それがそのまま現在の社内の雰囲気です。
特に私のいる大阪支店は社員の半分が30代と若手。年齢的にも近く、スキルの高い先輩社員が多いため相談や質問もしやすい環境です。時に冗談も言い合いながら明るく楽しく働けることが、何よりも魅力的ですね。

現在はシステムエンジニア、プログラマーとして基幹業務システムの開発・保守が主な業務。新機能の開発案件を担当することもあり、どうすればユーザーの理想とするシステムを実現できるかなど、日々頭を悩ませながらも設計を進めることにやりがいを感じています。
まだまだ未熟ながらも、ふと気づけば、案外“やれている”自分がいます。スキルアップのためのサポートや手当も用意されているので、ますますやる気に火がつきます。
モノづくりが好きなら、文系、理系は関係ない。入社して数年たった今、そう実感しています。

入社後、印象的だったのは、現場に出て間もない私が資料作成などに戸惑っていた時、先輩社員が根気良く助けてくれて、励ましてくれたことです。
社会人になると、学生時代と違って「テストで満点を取るための教科書」はありません。只、当社には見本となる素敵な先輩がたくさんいます。
自分もそんな先輩でありたいと同時に、自分の頑張りが恩返しになればとも思います。こんな気持ちで働けること自体、希少ですよね。今でもすごく感謝しています。

私の仕事は営業職。既存のソフトウェアの販売や全体的なシステム提案を行っています。ただ商品を売り込むだけではなく、企業のIT化のコンサルティングも行うスタイルが主です。
営業というと、何をするのかわからない。また、飛び込みやノルマなど厳しいイメージがあるかもしれません。でも実際の商談は販売代理店からのご紹介や、お客様からのお問い合わせから始まる流れがほとんどです。「こうすると面白い」、「相手が喜ぶ」と考え、実践することができれば戦力としては十分です。
先輩として、その人の個性や自分らしさを発揮できるようサポートしたいですね。