採用情報

共通

会社はどのような人を求めていますか。

素直であり、自分の頭で考えて行動ができる人
目先のタスクにのみ囚われず、その先にある大きな目的をきちんと見据えて行動できる人

入社までに勉強しておいたほうがいいことはありますか?

特にありません。あえて言うならば…
テキストを購入して自力でプログラム言語の勉強をするのは困難なので、
資格取得(基本情報技術者 等)のために勉強するのが一番効率がいいかと思います。

日々の生活の中で気を付けるべきことはなんですか?

体調管理と、元気に挨拶すること。
どちらも社会人としての基本動作です。

有休は取りたいときに取得できますか。

基本的には希望日に取得可能です。

残業時間の平均を教えてほしい。また、土日の出勤はありますか?

開発のプロジェクトには山谷があるため、納期間近やプロジェクト内でトラブルが発生すると、どうしても残業や休日出勤が発生します。
会社の現在の平均残業時間は30時間程度ですが、残業の全くないプロジェクトもあれば、逆に30時間以上残業するプロジェクトもあります。
ただし、そのように稼動が高くなる状況が何カ月も続くことを会社として禁止しており、稼動が高くなった月は振休・代休の取得を指示、また45時間以上残業した月がやむを得ず数カ月に渡った場合は、会社から健康診断の受診命令が出ます。

転勤はありますか?
プロダクト営業職 あります。
勤務地は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡になります。
ソリューション営業職 あります。
勤務地は東京、名古屋、大阪になります。
システムエンジニア
プログラマー
あります。
また転勤とは異なりますが客先での常駐作業が多いためPJが終了する度に現場が変わることが頻繁にあります。
プロダクト開発職
インストラクター職
あります。
現状では原則東京・大阪勤務ですが今後の事業展開によっては名古屋、大阪、札幌、仙台、福岡での勤務の可能性があります。
プロダクト営業職とソリューション営業職の違いはなんですか?

プロダクト営業は主に自社のパッケージ商品を商材として扱います。新規のお客様へのパッケージの提案や、既にお使いのお客さまからの要望や問い合わせに対応します。ソリューション営業はさまざまな技術を組み合わせてお客様に合ったオーダーメイドのシステムを提案します。お客様の抱える問題点を解決するための「最適なシステムの提案」を行うのが主な仕事です。

会社の雰囲気について

若い社員が多く、和気藹々とした雰囲気。先輩への質問もしやすいと思います。IT企業の暗いイメージとは全く異なります。
また、役職者(ゼネラルマネージャー等)を役職名で呼ぶカルチャーがないため、上との距離も必然的に近くなります。

育児休業制度はありますか?また、実際に職場復帰はできるのでしょうか。

育児休業制度はあります。
女性だけではなく、男性の方も制度を利用していますし、利用された方々の多くが職場復帰を果たしています。その他、育児短時間勤務や、残業免除、残業時間制限など育児に関する制度が整っています。

コミュニケーション力を高めるためにできることは何ですか?

人や仕事に対して、興味を持つことだと思います。

技術職(ITエンジニア・プロダクトITエンジニア)

未経験の文系卒でもやっていけるのでしょうか?

学生時代からプログラムを書いている理系出身者とはどうしても当初に差があるものの、研修中に経験者の同期から、現場に入った後は先輩からのフォローを受ける等、周囲の協力を得つつ、何より自身の努力を惜しまなければ、十分に技術者としてやっていけます。
(弊社では文理問わず採用しており、文系出身で活躍している社員が沢山います)

理系と文系の差を感じることはありますか?

入社時はどうしても未経験の文系卒のほうが苦労する部分も多いのですが、研修を経て現場に入り、しばらく経つと理系・文系の差はほとんどなくなっていきます。
そのため、文理に関して特別な有利・不利はありません。

文系で入社した場合、入社後の研修にはついていけますか?

未経験からでは、どうしても最初は研修内容の理解に時間がかかってしまうことも。
そのため文系卒の社員の場合、予習・復習を自宅で行った上で研修に臨む方も多く見受けられます。

プログラミング言語はどうやって勉強していますか?

入社後2カ月間は毎日研修で学習。その後現場に配属になり、更に実務の中で少しずつ学んでいきます。
テキストのみでは中々理解が難しいので、実践しながら身に着けていくことがほとんどです。

ユーザーと対等に話しをするために、どんなことをすればよいですか?

有識者の先輩に教わったり、またユーザーとのやり取りの中でできるだけ情報を取り込むことが重要です。

プロダクト営業職

1日に対応する案件の件数は?

2~3件程度。案件の大きさによっても異なるため、大型案件の場合は1日1件という場合もあります。

1日の外出頻度は?

午前中に資料作成し、午後から外出するパターンが多いです。(所属するチームや案件により異なります)

プロダクト営業として大切なことはなんでしょうか?

相手の話をしっかりと聞く力。また、言語判断能力。
プロダクト営業職は自社を売り込むことではなく、お客様の隠れた問題点を探るコンサル営業です。

今勉強していることはありますか。

販売しているプロダクトに関わる知識の取得に努めています。
例えば、財務ソフトであれば簿記、通販ソフトの場合は通販業務・販売管理・流通経済に関する知識が必要になってきます。

一人でお客様対応ができるようになるまで、どのくらいの期間が必要ですか?

商材が比較的簡単なソフトであれば6か月ほどで独り立ちできます。
また、常にサポートセンターに電話ができるようになっているため、不明点があれば遠隔地でも先輩に指示を仰ぎながら対応が可能です。

文系・理系出身者のどちらがより活躍していますか?

プロダクト営業職の営業マンは出身が文系・理系ほぼ半数ずつで特に大きな違いは感じられません。

インストラクター職

1日に対応する案件の件数は?

インストラクターの対応としては、以下の2通りが挙げられます。
① 電話でお客様の質問に回答する
② 実際に現場に赴いてトラブルを解決する
平均すると電話対応は15~20件/日、外出は1~2件/日 程度です。
もちろん両方をこなす日もあれば、電話応対・または1社のお客様へ訪問対応のいずれかに丸一日注力する場合もあります。
訪問のケースですと、例えば、大規模コールセンターの稼動時の立ち会いなどが挙げられます。終日お客様先へお伺いすることになるので、予め十分な準備(お客様へ配布する資料や自分がすべきことを列挙した手順書などを揃える等々)をした上で、万全の状態で伺います。稀に遠方の地域に出張する案件もあり、その際には現地で慌てないよう、一層念入りな準備を心がけています。

1日の外出頻度は?

0~2件程度です。
より多くのお客様先へ訪問することも出来ますが、対応内容によっては思いのほか時間が掛かるケースもありますので、インストラクターは、一つの案件に対してある程度の余裕を持ってスケジュールを組むようにしています。
また電話対応のみでは解決できない場合は、急遽お客様先へ訪問する事もあります。

インストラクター職として大切なことはなんでしょうか?

一番大切なのはお客様の視点に立って考えること。
イントラクターには様々なご相談があります。大きく分けると以下の2つです。
① とにかく今のトラブル状態を乗り切りたい
② 根本的な解決をしたい
まずお話を伺って、どちらの状態なのかを判断し、その上でお客様に最適なアプローチを考えて実施していく事が大切です。もちろん、①の場合であっても、一旦乗り切ったあとは忘れずに根本的解決をサポートしていくことが大切です。

今勉強していることはありますか。

最近はLinuxの勉強をしています。担当ソフトはWindowsが主流でしたが、新商品はLinuxが使用されているので、勉強の必要性が出てきたのです。
インストラクター職の中にLinuxを熟知しているメンバーがいませんので、自宅のPCでLinux環境を構築し、書籍とWeb情報を頼りに独学しています。
ただ、どうしてもわからないときは業務終了後、開発メンバーへ質問する事で独学でも質の高い勉強内容を維持しています。

一人でお客様対応ができるようになるまで、どのくらいの期間が必要ですか?

1種類のソフトウェアであれば半年程度で対応できるようになります。
ただ、ソフトウェアの内容を覚えても、お客様毎に使い方が異なりますので解決方法も千差万別。同じトラブルでもA社がこの方法で解決したからB社も解決できる。とは限らないのが難しいところです。しかし、これは経験を積めば徐々に分かってきますし、慣れるまでは先輩もしっかりフォローするので問題ありません。

ソリューション営業職

1日に対応する案件の件数は?

2~3件程度。案件の大きさによっても異なるため、大型案件の場合は1日1件という場合もあります。

1日の外出頻度は?

朝、会社でミーティングを行ったあとすぐに外出することが多いです。場合によっては朝会社には寄らずに直接お客様先に出向くこともあります。

ソリューション営業として大切なことはなんでしょうか?

まずはお客様の要望をしっかり聞くこと。
適材適所に人員を配置するオーガナイズ能力や調整力が必要です。

今勉強していることはありますか。

提案するソリューションに関する知識を取得する努力をしています。
具体的には物流に関する知識や、製造業に関する知識です。また、IT技術のトレンドを押さえること、実際に技術を取り入れている企業の情報を収集する事も必要です。お客様への提案や情報交換に必要な要素です。

一人でお客様対応ができるようになるまで、どのくらいの期間が必要ですか?

既存のお客様に対応できるようになるまで1年というところでしょうか。
新規のお客様と取り引きできるようになって一人前と考えています。そうなるまでにはやはり3年くらいは必要なのではないでしょうか。

文系・理系出身者のどちらがより活躍していますか?

現状では文系出身者の人数が多いため、必然的に文系のほうが多くなっていますが、理系でも良い営業マンはいます。特に理系出身者の場合、技術者のセンスを持っていれば提案の幅も広がります。