ENTRY 〉

職種紹介

Your Work

ひとりでは、システムはつくれない。
チームがあるから、システムがある。

お客様に最適なソリューションを
お届けするために、
協力してプロジェクトを
進めていく必要があります。
一人で仕事することはありません。
常にチームを組み協力体制を構築しています。

要件定義Requirement definition
要件定義とは、これから構築するシステム上で実現すべき機能や満たすべき性能などを明確化していくことです。 正しく要件定義するためには、ユーザー側の要望や現状の課題を引き出し整理する必要があります。プロジェクトの命運を握る重要な工程です。
設計Basic Design
前工程の要件定義に基づいて、システムを具体的にどんな方法で実現するかを検討・設計します。外部設計・内部設計・詳細設計と、より詳細な仕様に落とし込んでいく作業です。
プログラミングDevelopment
コーディングとも呼ばれるフェーズです。前フェーズで設計した内容を元にプログラムを作っていきます。基本的には設計書通りに作成することを求められますが、一方、設計書に記載のない箇所は、自身の裁量で作成を進めていく場面も多々あります。その場合、設計書を作成した技術者の意図を汲み取ったプログラミングが要求されます。
テストTest
構築したシステムを検証し、使用に耐えられる十分な品質を担保します。単体テスト、結合テスト、システムテストと段階的に検証を実施していくことで潜在するバグを発見し、都度修正していきます。
リリースRelease
完成したシステムをお客様先に納品(導入)します。新しいものをそのまま導入する場合もありますが、今稼動している古いシステムから新たに切り替える場合もあります。また、大がかりなシステムの場合は一度にすべての機能を納品せず、少しずつ納品します。
保守・運用Maintenance and Operation
ユーザーがシステムを快適に使うためのアフターサポートです。システムの使用方法についての問い合わせ対応や、システムが常に正常な動作をしているかを確認するためのシステム監視、いざというときの障害対応などを実施します。開発と同じくらい重要なフェーズです。
開発フローを詳しく
開発フローを閉じる
Programmer

プログラマー[PG]

設計書に基づく
プログラムの作成で
目指した機能を実現する

設計書に基づくプログラミングを行う仕事です。仕様を担保する必要量しか記載されていないことも多く、求められる動作をどのようなコードで実現するのかは、プログラマーの力量次第。同じような動きでも、動作時間などの品質に大きな違いがあります。
自分が作ったものが動く「モノづくりの楽しさ」を感じられることもこの仕事の魅力です。

System Engineer

システムエンジニア[SE]

顧客の要望を理解し、
最適なシステムを
提案・設計する

顧客企業の課題や要望を理解し、最適なシステムに落とし込むべく企画・提案・設計をする仕事です。まずは顧客との打合せにて先方の要望をヒアリングし、システム全体の仕様を定めた上で、システムの細部まで設計していきます。
顧客と信頼関係を構築するためのコミュニケーション能力と、求められている機能が実現可能かどうかを判断できるだけの知識と技術力が求められます。 

Project Leader

プロジェクトリーダー[PL]

円滑な遂行で
プロジェクトを
成功へ導く

プロジェクトやメンバーの「マネジメント」が仕事です。
マネジメントの範囲は、プロジェクトの仕様から品質、納期、予算、メンバーのモチベーション管理まで多岐に渡ります。
チームをまとめるリーダーシップ、トラブルや課題と向き合う問題解決力、人員や予算などの管理能力など、専門知識と人間力の両面が問われる仕事です。

Related Contents

関連コンテンツ

システムリサーチは
あなたを待っています。

採用トップ 職種紹介